1.ICDL ASIAと本通知についての序文

1.1 当団体は、団体登録番号201114405D、登録事務所を50 Raffles Place, Level 19, Singapore Land Tower, Singapore 048623に置く、シンガポールで設立された会社であるICDL Asiaです(以下、「当団体」、「当団体の」または「当団体」といいます)。当団体は、認証活動の一環として収集されたお客様の個人情報のデータ管理者であり、その責任を負います。

1.2 当団体は、受験者がさまざまな分野での知識・スキル・能力を証明するためのさまざまな認定資格を提供しています。これらの認定資格には、学習コンテンツ、診断評価、および認定試験を含むコンポーネントが含まれます。ICDLプログラムの進捗状況や参加状況は、ICDL Asiaおよび/またはその関連会社によって管理されます。認定試験に合格すると、受験者は特定のICDL認定プログラムで認定されていることを正式に示す証明書を受け取ります。”(以下「目的」)。

1.3 当団体は、プライバシーを尊重し、適用されるすべてのデータ保護法およびプライバシー法を遵守することを約束します。

2.法的根拠

2.1 当団体は、(i)上記の目的を実現するために、(ii)適用されるデータ保護法に基づき、必要に応じてお客様の個人データを処理します。特定の状況に基づき、当団体の処理の法的根拠は以下のいずれかです。

2.1.1 正当な利益。当団体は、目的の提供者としての当団体の正当な利益のために必要な場合に個人データを処理します。これには、学習、トレーニング、試験、試験監督、認証に関連する活動、およびトラブルシューティング、データ分析、データセキュリティなどの管理業務などの日常的な事業運営が含まれます。

2.1.2 法的義務。当団体は、法的義務を遵守する必要がある場合、通信の記録および監視に関連して、規制機関または政府機関を含む当団体の継続的な規制およびコンプライアンスの義務を果たす場合、およびセキュリティインシデントを調査して犯罪を防止する場合に、お客様の個人データを処理することがあります。

2.1.3  同意。法の下で必要とされる特定のケースでは、当団体は、お客様の具体的かつ十分な説明に基づく同意に基づいてお客様の個人データを処理します。例えば、ICDLに関するニュースやニュースレターの送付、ICDLに関する連絡、またはお客様が特に要求された情報の提供のために、お客様の情報を使用することがあります。 

2.2 当団体は、本通知および適用されるデータ保護法に基づいてのみ、お客様の個人データを処理します。

2.3 当団体は、データを使用する特定の目的に応じて、複数の合法的根拠に基づいてお客様の個人データを処理する場合があります。

2.4 当団体は、当初の目的に適合する別の理由でお客様の個人データを使用する必要があると当団体が判断した場合を除き、お客様の個人データを収集した目的にのみ使用します。当団体が無関係な目的のために個人データを処理する意図がある場合は、その処理に先立って、当団体がそれを行うことを可能にする法的根拠を説明します。

3.第三者への開示

3.1 当団体は、法律で要求された場合、または本通知に記載されている場合を除き、お客様の個人データを第三者に開示しません。

3.2 当団体は、必要に応じて、お客様の学習や認証活動に関する個人データを、ICDL Foundation(ICDLの所有者)、ICDL現地事務所のパートナー、規制当局、トレーニングセンターやテストセンター、雇用者を含む関連する第三者と共有することがあります。

3.3 当団体は、ICDL Asiaが完全子会社であるICDL Foundationの直接管理下にある他の企業と、連結グループ企業サービス、報告サービスおよび機能を実施するために、あるいは当団体に管理および付随するサービスを提供するために、お客様の個人データを共有することがあります。

3.4 また、当団体は、当団体にサービスを提供する第三者のサービスプロバイダーと情報を共有することがあります。サービスプロバイダーのカテゴリーには、自動テストプロバイダー、学習コンテンツプロバイダー、カスタマーサポートサービスプロバイダー、データ分析プロバイダー、データホスティングプロバイダー、デジタルバッジおよびデジタル認証プロバイダー、記録保管会社、その他のIT専門サービスプロバイダーが含まれます。

4.国際送金

4.1 お客様の個人データは、データ保護の基準が異なるICDL Asiaが管理する地域外の場所に転送・保管されることがあります。当団体は、個人データの移転が適用法に準拠し、お客様のデータ保護権を保護するために慎重に管理されるよう、適切な措置を講じます。ご参考までに、ICDL Asiaは、欧州経済領域(一般データ保護規則2016/679)の要件に準拠しています。  お客様の個人データがEEA内で保存および処理され、EEA外に転送される場合、以下の保護措置のうち少なくとも1つを確実に実施することにより、適切なレベルの保護が与えられるようにします。

4.1.1 お客様の個人データを、欧州委員会が個人データの保護に十分なレベルを提供していると判断した国にのみ転送します。

4.1.2 当団体は、個人データに欧州での保護と同等の保護を与える欧州委員会が承認した特定の契約を使用することがあります。

4.2 お客様の個人データを転送する際に当団体が使用する特定のメカニズムに関する詳細情報をご希望の場合は、当団体にご連絡ください。

5.情報の保持期間

5.1 当団体は、お客様の個人データを、その提供された目的を果たすために合理的に必要な期間のみ保持します。苦情があった場合や、今後の連絡や交流の見込みがあると当団体が合理的に判断した場合には、より長期間にわたってお客様の個人データを保持することがあります。

5.2 個人データの適切な保存期間を決定するために、当団体は、個人データの量、性質、および感度、個人データの不正使用または開示による被害の潜在的なリスク、当団体が個人データを処理する目的、他の手段でそれらの目的を達成できるかどうか、および適用される法律、規制、またはその他の保存要件を考慮します。

5.3 お客様には、ご自身の個人データの削除を求める権利があります。詳しくは、下記の「お客様の法的権利」をご覧ください。

6.お客様の法的権利

6.1 欧州連合にお住まいのお客様は、欧州のデータ保護法に基づき、データ対象者として以下の権利を有します。

6.1.1 データにアクセスする権利

6.1.2 修正する権利

6.1.3 消去する権利。

6.1.4 処理の制限または処理に対する異議を申し立てる権利。

6.1.5 データポータビリティの権利、および

6.1.6 お客様の同意を撤回する権利。

6.2 これらの権利の一部は一般的に適用されますが、一部の権利は特定の状況下でのみ適用され、適用されるデータ保護法の下で一定の免除を受けることができます。

6.3 当団体は、お客様の個人情報に関するあらゆる要求に迅速に対応するよう努めますが、お客様は関係当局に連絡することもできます。

7.お問い合わせ方法

7.1 本通知または当団体のデータ保護対策についてご質問がある場合は、www.icdlasia.org のお問い合わせフォームからご連絡ください。

7.2 お客様は、ご自身の個人データにアクセスするため、またはその他のデータ対象者の権利を行使するために、料金を支払う必要はありません。ただし、お客様の要求が明らかに根拠のないもの、反復的なもの、過剰なものである場合、当団体は合理的な料金を請求するか、お客様の要求への対応を拒否することができます。当団体は、すべての正当な要求に対し、1ヶ月以内に回答するよう努めます。ただし、お客様から多数のご要望をいただいている場合や、お問い合わせ内容が特に複雑な場合には、1ヶ月以上かかることもあります。その場合は、お客様にお知らせし、定期的に更新します。

8.プライバシーポリシーの更新

8.1 当団体は、本通知を適宜修正する権利を有しています。お客様におかれましては、本通知を定期的にご覧になり、ご確認ください。